いとう建設の家づくり

いとう建設 トップ > 地震に強い家

地震に強い家


大地震に強い木造住宅『GVA工法』

いとう建設はワンランク上の「地震に強い安心の家づくり」を提案します。『制震GVA工法』は今後起こるであろう巨大地震に備えて大切な家族と家を守るための最先端テクノロジーです。
(『GVA工法』(ジーバ工法)は、オプションとして、いとう建設の造る家に取り入れる事が可能です。)
GVA工法ポイント
資料請求はコチラから GVA工法 お客様の声 〜実例レポート〜

あなたの大切な家族と財産を守ります。
GVAをプラスしたときの効果
   * 揺れを50%以上軽減 ※
   * 繰り返しの地震に効果を発揮
   * 建物の耐久性や寿命を高めます


   ※構造材料やプラン、地盤状況、地震波の性質により変化します。
  確実に地震エネルギーを吸収できるシステム
【 本当に安心・安全を目指すためには 】
住宅の長寿命化・安心・安全にとって大切なことは「揺らさない」ということです。
「建物はなぜ揺れるのか?」その原因は地盤から受ける「振動エネルギー」なのです。
GVA<ジーバ>のダイヤモンド型フレームには、特殊な制震材が組み込まれており、建物の振動エネルギーを効率よく吸収することができます。
吸収した振動エネルギーは、制震材の働きにより熱エネルギーに変換され消散します。

( ←クリックすると拡大写真が見れます )
 
  トップクラスの実績 制震材は住友スリーエム製
【 世界中で40年以上の実績、ビルの揺れを抑える 】
GVAの制震材は住友スリーエム製の『VEM』がダンバー金物に組み込まれています。
制震効果・耐久性・クリーン性に優れた制震材です。
【制震材:VEM】   【VEMの実績】
振動エネルギーを熱エネルギーに変換することができる特殊素材です。
アクリル樹脂製。健康に影響を及ぼす物質は一切含まれておりません。
  写真は左からワールドトレードセンタービル、
東京都庁、横浜ランドマークタワー。
戸建住宅から超高層ビルまで、あらゆる規模の構造物で採用されています。  
日本の家づくりの地震対策には3つの工法『耐震工法』『制震工法』『免震工法』があります。
いとう建設では『耐震工法』+『制震工法』の『GVA工法』を
オススメしています。
『耐震工法』 木造住宅のほとんどがこの工法です。金物で基礎・柱・梁を固める工法です。
『制震工法』
(GVA工法)
高層ビルに多く採用されています。
壁内にダンパーを設置して振動エネルギーを吸収し、地震の振動から建物を保護します。
この工法を木造に生かしたのが『GVA工法』です。
『免震工法』 地震エネルギーを建物の伝わりにくくします。最近の中低層ビルに採用されています。大地震に強いが費用が高額でメンテナンスが必要。
耐震工法・木造住宅の最低基準 GVA制震フレームのしくみ


いとう建設とのコンタクト

地元密着の、いとう建設は「訪問営業」や「強引な営業」は絶対に行いません!!

お問合せ 資料請求 土地探し!1300件の土地情報
何でも相談 来社予約 見学会 ライフプラン個人相談会
家づくりメール講座 いとう建設からのプレゼント 家が自分で呼吸します